節約を始めたきっかけ

以前の私だったら節約など考えた事もないし、ましてや実践した事もありませんでした。家の中ではあちこちの照明が点いたまま、歯磨きする時もシャワーを浴びる時も洗顔、食器洗いをする時も水は出したままにしていました。
夏の暑い日は当然のようにエアコンは24時間つけっぱなし、しかも設定温度は20度前後、エアコンの寒さで体調を崩す事も度々ありました。
買い物に行く時や遊びに行く時も欲のおもむくままにお金を使い、今考えても随分贅沢な生活を送っていたと思います。それでも当時は病院で看護師として働き夜勤もこなしてしたので十分な収入がありました。貯蓄もだいぶ貯まっていたので節約する必要がなかったのです。
しかし、それは実家暮らしで独身の頃の話です。
結婚し賃貸マンションに夫と2人で暮らし始めました。最初は私も仕事をしていたのですが体調を崩して退職、夫の収入だけではギリギリという生活になってしまいました。節約しなければ、と思ったのですが、どうしても「節約イコール我慢」という考えがあったので中々行動に移すことが出来ませんでした。
しかし2011年3月の東日本大震災が一つのきっかけとなり、私たち夫婦の節約生活が始まりました。節約を始めるにあたり夫と話し合いをしました。まず最初に取り組んだことは、今までのお金の使い方を検証することです。一体どのようにお金を使っていたのか振りかえると驚くほど無駄が多かったことに気づかされました。
外食に行ったりお惣菜を買うことが多く、毎日のように買い物に出かけていました。買い物に行っても目的の物を買うだけにとどまらず、目にとまったお惣菜や菓子類など、買う予定のない物まで買ってしまう毎日でした。
そのため毎月の食費はかなりの額にのぼり、家計を厳しくする一因となっていました。加えて、電気や水道、ガスなどの光熱費に関してもむだ使いが多く、改善しなければならない点が沢山ありました。
夫とどの無駄をまずなくしていくのかを話し合い、私たちでも無理なく始められる節約方法を考え、実践することにしました。また、1ヶ月ごとに家計簿をつけるようにして、お金がどのように使われたか把握することにしました。
節約は楽しくやって行こうと思っています。何事も力を入れすぎると長く続きません。月に1度や2度は節約を休んで贅沢をしてもいいのかなと思います。

中古車を新車のようにピカピカにしたいけど、どのくらいの料金で出来ますか?

WEBからのお申し込みで各種コース大幅割引!沖縄のダイビングショップです。

【大阪】進学塾といえばHITS

バナートーキョーは、安心の料金プランでバナー広告を専門に制作します。

海外で人気のナチュラルハーブ(合法ハーブ)を和歌山でも購入できます。

ページ一覧